FC2ブログ
本日、12月4日は我が家にとって、記念日です。

それは、ぽん太にゃんが我が家にやってきた日なんです
早いもので、あれから1年経ちました。

ぽん太とにゃんの出会いは本家HPの『ぽん太』と『にゃん』の中で書いてありますんで割愛しますが、あれから1年かぁ~

1年前の今日、ぽん太とにゃんの保護主の風子さんが千葉県市川市からやって来ました。我が家まで案内してくれてのは、旭川でワンニャンボランティアの『まちょんぷさん』と『平山さん』です。
ぽん太、風子母さんと一緒で心強いのか、ズカズカ(笑)と我が家に。
生後7ヶ月くらいのにゃんを見たときは思わず、「ちっちぇー!」と声に出ちゃいました。

色々とお話をさせていただき、風子母さん達が帰る用意をすると…。

ぽん太、自分も帰れるとソワソワ。
でも、ぽん太、ケージに入れられ風子母さんと帰れないと分ると「キュンキュン」泣くんです。
なんか、それ見たらぽん太がかわいそうになっちゃって…。

「ぽん太、連れて帰ってください」

って、言いそうになりましたヨ(^_^;)

風子母さんが帰ったあと、ケージから出したのですが、ぽん太は風子母さんが出て行った扉の前に何時間も座りずっと待っているようでした。
なんか、ぽん太にとってこれで良かったのかなぁ~?と自問自答もしたもんです。

玄関先でそんなやり取りがあった頃、にゃんは

「あ、お母にゃん、帰るの?バイバイにゃ」

と、新しい家になつくほどの大物(天然?)ぶり

ももたん@妻にはすぐになついたぽん太ですが、どうも男の人が苦手なようで、さるみつに慣れるのに約2ヶ月かかりましたっけ。

そんなこんなで、早くも1年経ちました。
もちろん、我が家の大切な一員です。

soine.jpg


ぽんた&にゃん、これからも、宜しくね。
そして、ご訪問して頂いているみなさま、よろしくお願いします。


さぁさ、ご祝儀代わりにポチっとな(笑)→
スポンサーサイト