上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても、ご無沙汰してしまいました

さるみつでございます

さて、ここ数年はすっかりサボり気味の当ブログではありますが主役はぽん太・にゃん・みーにゃ・ひげたんチーム4本足でしたが…


2012年4月8日をもって一時解散します









okotu.jpg

2012年4月8日 午前11時半 ぽん太 永眠



実はぽん太は昨年2月に喀血した際に病院で検査したところ腎臓に腫瘍が見つかりまして…

先生曰く「手術は非常に難しく、全摘は無理」「半年に1回のエコーと血液検査で様子をみましょう」と言われました。

今年の1月の検査でも血液検査は腎臓の数値が若干高めではありましたが特に問題無しということでした。


それが7日の晩に突然発作(てんかん)を起こしまして、それは5分も続かずにとりあえずは落ち着きました。

翌朝、起きてみると発作を起こしていて病院に連れて行き鎮静剤で落ち着かせると同時に血液検査

数値はガンの末期症状でした…


鎮静剤の効き目が薄れてきたら自宅に連れて帰っても良いと言われていたので、ヘロヘロになりながらも家に帰れると思っていたのですが、1時間もしないうちに旅立ってしまいました…


ぽん太の最期の数時間は苦しくて辛かったかも知れませんが、ぽん太の一生にしてみれば長いこと苦しむ事なく旅立てたのは良かったのかもしれません

だって、前日はいつもの様にぽん太メシ食べて、猫メシ横取りして、みーにゃと遊んで、寝て…
ごく普通の一日を過ごしていたのですから

「あの数値でご飯食べれるとは」と先生びっくりしてました



いろいろと世話のやけるぽん太。

最後まで世話やかせるんだろうなぁと思っていたのでぽん太のあっけない最期に気持ち的にポッカリ穴が開いてしまいました。

ぽん太が旅立って10日

ぽん太がそばに居ないのが信じられない反面、ぽん太と暮らした7年ちょっとが現実だったのか夢だったのか不思議な気持ちです。

今もぽん太の事を思うと涙が出てきます

でもね、ぽん太を思い出して泣くときは笑いながら泣こうとももたんと約束しました。

だって、ぽん太は真面目な顔して話しかけると非常に困った顔してたから、泣き顔見たらもっと困り顔すると思うんでね


churipu.jpg

いままで幸せをたくさんありがとう!ぽん太!




ぽん太生前最後のいちまい

soine_20120418231102.jpg

旅立つ2日前の写真です
夕食後、睡魔に襲われたさるみつ。そばで寝ていたぽん太と添い寝
ぽん太はこの状況からどう脱出しようか思案中です(笑)


今までサボっていてお蔵入りしているチーム4本足の画像これから小出しに出していきますんで是非暖かい気持ちで笑ってください。

ぽん太も喜びます…たぶん(汗)

ランキング参加してます!よろしければポチっとよろしくお願いいたします→
スポンサーサイト

コメント

Tさんからパンをもらいももたんに「こいつちょろいでっせぇ~」と報告しないまでも、ぽん太自身は確信したと思いますよv-411

その証拠にご飯時Tさんをロックオンしていましたからね

これからはロックオンされないのでゆっくりご飯食べれますのでまた遊びに来てくださいね。


さるみつも撫でようとしたら逃げる事は度々でした。

Tさん、どんまい!!


最後にさるみつも、ももたんもぽん太が我が家の一員で幸せでした。
ぽん太君、さるみつ家の一員でほん
とに幸せでしたね。傍から見ていて
そう感じていました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

そういえば、昨年さるみつ家に
お世話になった時の朝食時、
パンを食べるワタクシをじっと
見つめるポン太のつぶらな瞳。
そして、目が合い
思わずパンをちぎって食べさせて
あげました。
「奥さーん!こいつちょろいでっせ」と
ポン太が思ったかどうか?
今では確認することができませんが、、、
本当にポン太がさるみつ家の一員で
幸せだったと思います。

ワタクシが撫でようとしても
ポン太は逃げ回ってばかりでしたが(笑)
この事を直接電話でご報告しようかと思いましたが、泣けて話にならないだろうと手紙にて失礼させていただきました。

縁あって風子さんと知り合い、ぽん太とにゃんを家族に迎え入れることが出来ました。

我が家に来てからは病気以外、辛い思いはしてないでしょうから有意義な7年だったと信じたいです

こちらこそ素敵な出会いをありがとうございました。

さるみつ&ももたんさん、ぽん太の名前で手紙を手にした時もしやと感じるものがありました。永い間放浪して居たぽん太、保護当時は猫がたくさん居ることも分からない程食べて横になっていた。さるみつ家に行ってからは幸せに浸っていたぽん太、ももたんママの目ばかりを追って一生分の犬生を過ごした7年間有り難うございました。気の小さなぽん太とボクが守るよ。そんな感じでにゃんも婿入りしてみーにゃ、ひげたんの仲間が増えましたね。ぽん太君のご冥福をお祈り致します。有り難うございました。
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。